付き合っていた彼氏の嘘

パチンコが好きだった彼氏がいました。趣味範囲と聞いていたので特に気にも留めず、買ったらごはんをおごってくれたりしていたので「今日勝ってないの?」と聞いたりしていました。

結婚を前提に同棲を始めて数か月、何かの拍子に彼氏の財布を見ることがあり、消費者金融のカードがありました。「何これ?」と聞いたら「ちょっと前友達の結婚式が重なって足りなくなった分を借りたけどすぐ返した」と普通に答えました。ちょっと抵抗はありましたが、そう言われると納得するしかありませんでした。

でも結局、返済の催促のハガキを目にすることになり、すべてが明らかになりました。
借金総額200万円、理由はパチンコ、月々の返済が多額過ぎて返せていない、と…信じていたことがすべて裏切られた気がして間もなく別れました。

その後、偶然見かけた時にはかなりやせ細って不幸オーラ全開でした。結婚しなくてよかった、と心から思いました。
借り方や用途次第ではありますが、借金をする人は借金の金額や理由についてさらっと嘘がつけることがよくわかった一件でした。